小児矯正

歯並びがガタガタでも歯を抜かずに
キレイにならべる方法があります

顎を正しく育成しましょう

食生活の変化により顎(あご)が委縮し、小さくなった食生活の変化により顎(あご)が萎縮し、
小さくなった顎に歯が並びきれずガタガタの歯並びの子どもが増えています。
歯並びをきれいにするために様々な矯正治療がありますが、
健康な歯を抜いてスペースを作り、歯並びをきれいにする方法がとられることがあります。
しかし、安易に歯を抜いて治そうとすると顎がさらに萎縮し、
舌を収めるスペースが十分にとれなくなるなどの問題が発生する場合があります。

夜寝ている時が、メインになります。

子どもの顎は、まだまだ大きくさせることが可能です

矯正治療は、歯をきれいに並べるのだけではなく、歯や顎のバランスや咬み合わせが最も重要です。
歯を抜いてももちろん歯並びはきれいになりますが、歯を抜かなくてもきれいになるならできるだけ抜かないで治療したいと考えています。
前歯が入れ替わる時期にガタガタの歯並びをそのままにしておくと、奥歯の嚙み合わせも悪くなります。
そうすると奥歯から治さないと前歯は直せなくなります。子どもの顎は、まだまだ大きくさせることが可能です。
(約10歳ごろに顎の成長はピークを向かえます。)

寝ているイラスト

成長に合わせて顎を育成します

7歳・8歳で上下の歯が入れ替わってきます。
成長ホルモンがたっぷりと出ているこの時期に顎を正しく育成すれば、歯を抜くことなく、痛みや治療期間、費用を少なくさせることができます。 主に寝るときがメインの治療になります。
(顎の成長や、歯の大きさによって治療方法が変わる場合があります。事前の検査(X線検査・CT検査)で問題がないかチェックをします。)

笑顔で歯を見せる少年
早めにご相談ください

前歯が入れ替わる時期にガタガタの歯並びをそのままにしておくと、奥歯も嚙み合わせが悪くなります。
そうすると奥歯から治さないと前歯は直せなくなります。
お子様の矯正治療をお考えの方は、あおばファミリー歯科までお気軽にご相談してください。

マウスピース矯正・床矯正 筋肉矯正治療法

歯並びを悪くした
根本原因から治していく
小児矯正治療法です

現在日本では、5人中4.8人のこどもが歯並びに問題を抱えていると言われています。では、歯並びが悪くなっている原因は何でしょうか?それは産まれてから現在までの日々の生活習慣や癖によるものが大きいと言われています。
例えば、授乳時の姿勢、食べ方、お口の使い方、寝相、TVなどを見ながらの食事習慣など。
さまざまな原因が現代の生活習慣の中に潜んでいるのです。
もしお子さまの歯並びに問題がある場合には、マウスピース矯正や床矯正をおすすめします。
マウスピース矯正や床矯正は、ハリガネを使わない発育期のお子さまのための歯列矯正です。
一般の矯正治療は、ブラケット(ワイヤー)を使って、外からの力を加えて意図的に歯並びを整えていきますが、マウスピース矯正は筋機能矯正装置を用いて、筋機能矯正のトレーニングを行うことで、子どもの歯並びを悪くした原因である口呼吸・舌の悪い癖・飲み込みの悪い癖・姿勢を改善し、顎を正常に発育・成長させて、正しいきれいな歯並びに導きます。
最終目的は、「歯並びが良くなることではなく歯並びを悪くする原因である、お口の筋肉の使い方(筋機能)を正しくすること」なのです。
合わせてトレーニングを行うと、より効果的です。

キリンのイラスト

本来の成長を促して改善

マウスピース矯正は発育期のお子さんに適した矯正システムです。
歯並びが悪くなる原因を改善し、歯並びが悪くならないよう予防もおこなえます。
そしてターゲットは原因の改善。そのため歯並びは8歳までのお子さんであれば一般的なワイヤー矯正よりも短期間で改善することが出来る場合は多くあります。

マウスピース矯正は、緑色の線からきれいな歯並びのゴールをターゲットにしているのではなく、赤色矢印で示した青い線の正しい成長の直線を目指しています。
青い成長直線に乗れれば歯並びは自然に自分の力できれいな歯並びを獲得できるため、歯並びをターゲットにしたワイヤー矯正に比べはるかに短期間で改善することができるのです。

マウスピース矯正ではこの機能改善のために200パターン以上のトレーニングと50種類以上のマウスピース装置や拡大装置をご用意し、お子様の状態に合わせたトレーニングを適時行っています。このトレーニングの種類はより早く結果がでるよう、日々アップデートされ増えつづけています。

グラフ

マウスピース矯正の特徴

小児矯正・マウスピース矯正・
床矯正の始め方

  1. 相談

    ご家族の気になる点や不安な点をお聞きし、お口の中の状況をお話しします。

  2. 検査

    診断をするのに必要な項目を検査します。(口腔内写真・レントゲン・姿勢写真等)

  3. 治療開始

    問題点の確認と改善すべきポイントを診断し、治療の方法や料金をお伝えします。また、契約書の説明と今後の流れ、予約を行います。

治療の流れ

  1. 初回
    ※トレーニング料(MFT)が必要な場合もあります。

    装置・マウスピースのお渡し、使用方法を伝えます。

    マイオスマイル
  2. 毎月1回の装置の調整

    トレーニングが必要な場合はトレーニング(MFT)を行います。

  3. (12ヶ月~36ヶ月)
    保定

    治療が完了し歯並びが整ったら、一定期間は保定装置を装着して元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。

治療法

プレオルソ

対象:4歳~9歳頃

取り外しのできる矯正装置。トレーニングの効果が高いです。受け口(反対咬合)や軽度のガタガタに効果が出ます。就寝中と日中数時間装着します。

マウスピース

拡大床

対象:6歳~11歳頃

取り外しのできる矯正装置。就寝時に装着します。主に顎が小さく、狭い子に使用します。

床矯正

マウスピース矯正

対象:中学生~成人の方

1日20時間以上装着します。透明なマウスピースなので目立ちにくいです。

詳しくはこちら
インビザライン
歯並び・かみ合わせ相談もお気軽にお問い合わせください

料金表

プレオルソ 88,000円~
床矯正(小児矯正) 352,000円~
インビザライン・ファースト
(子ども用)
500,000円~700,000円
月額費用 4,400円

※虫歯の治療・抜歯・義歯などの一般料金は含まれていません。
※患者様の不注意で装置を壊したり、紛失した場合は修理代あるいは再製料をいただくことがあります。
※一旦納入された料金はいかなる理由でも返金できません。

お支払い方法

一括払い

当院受付窓口での現金一括でお支払い。

分割払い可(現金のみ)

(回数は相談させていただきます。)

クレジットカード払い

各種クレジットカードがご利用いただけます。

各種クレジットカード

医療費控除について

子どもの矯正は
医療費控除の対象となります

自分や家族の支払った医療費は確定申告を行うことで一定の所得控除を 受けることができます。 こどもの発育期における機能障害や発達における矯正治療は対象となり ますが美容目的の成人矯正は対象となりません。 当院の矯正治療は大人の方も機能の改善として行っておりますので対象 となります。

綺麗に並んで笑う歯
国税庁HPへ